臨床心理士とは

「福島県外避難者の心のケア事業」で活動をしているのは、東京臨床心理士会所属の臨床心理士です。
臨床心理士は、1988 年に認定が始まった資格です。

1995 年から活用が始まった全国の公立学校スクールカウンセラーとして任用されるなどしていますが、一般の方々にはまだよく知られていないところもあると思います。

そこで、最初に私たち、臨床心理士について、ご紹介したいと思います。

臨床心理士とは

臨床心理士は、公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会が認定する資格です。
同協会のホームページには、「臨床心理士は、臨床心理学にもとづく知識や技術を用いて、人間の“こころ”の問題にアプローチする“心の専門家”です。」と説明されています。

「臨床心理士」とは資格の名前です。
臨床心理士として仕事をしている人もいますが、その資格は持っていても、仕事(職名)は別という人もたくさんいます。

臨床心理士はどこにいる

臨床心理士は、以下のように、さまざまなところにいます。

領域  
医療・保健 病院、診療所、精神保健福祉センター、リハビリテーションセンター、保健所、など
福祉 児童相談所、児童自立支援施設、女性相談センター、障碍者相談施設、高齢者福祉施設、など
教育 学校(スクールカウンセラー)、教育相談センター・教育相談室、など
産業・労働 企業内相談室、外部EAP 機関、公立職業安定所、など
司法・矯正 家庭裁判所、少年鑑別所、警察関係の相談所、犯罪被害者相談室
大学・研究 大学、研究機関、大学付属相談機関、など
私設相談室 個人やグループで開設する心理相談室、カウンセリングルーム、など

心の専門家ってどういうこと

心の専門家というのは、「心」についてよく知っているということです。たとえば臨床心理士は、「心には、ふだんは意識されない無意識がある」ということを知っていて、それがどのような影響を及ぼすかということを知っています。

また、とても悲しい出来事を経験しているのに、それに見合った気持ちが感じられないなど、「状況と感情が一致しないことがある」ことなども知っています。

これらの知識やカウンセリング等のスキルを活用し、一般の方々が気づかないような視点を提供したり、共に問題解決を行おうとしたり、深い傷つきからの回復過程に寄り添ったりします。

  • 東京臨床心理士会からご挨拶
  • 臨床心理士とは
  • コラム
  • 活動ピックアップ